ホーム > 薄毛シャンプー > 髪の薄さが心配になったら刺激の少なさで選ぶことが大切

髪の薄さが心配になったら刺激の少なさで選ぶことが大切

髪の薄さが心配になったら刺激の少なさで選ぶことが大切なんですよ。あなたは薄毛を予防するためのシャンプーをどのような基準で今まで選ぶようにしていましたか。
刺激の強い化学物質だらけのシャンプーを使っていないでしょうか?頭皮に効く、抜け毛予防を謳っていてもそれは、強い刺激をさらに化学物質を足して中和させているだけかもしれません。
薄毛予防でシャンプーを選ぶとき一番大切なことは、頭皮に刺激を与えないもの、油をとりすぎず残しすぎず洗うことができるものを選ぶことです。
ラウレス硫酸Naラウレス-2硫酸アンモニウムラウレス硫酸TEAラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなどが表示されているものは高級アルコール系シャンプーや石油系シャンプーと言われ、安く、泡立ちも良いので、一般的に広く売られています。
こちらは髪の毛や頭皮には大変刺激が強くよくない成分が入っており、炎症などのトラブルが起こりやすいので避けるべきです。
安全性という面で考えると石鹸シャンプーはおすすめです。
脂肪酸Na脂肪酸K石けん素地と表示されているものがこれにあたります。
比較的安く手に入って余分な物は入っておらず、天然成分ということで安心して使えます。
ただ、通常私たちの皮膚は弱酸性ですが、洗いあがった後石鹸系シャンプーだとアルカリ性に傾いてしまうので、必ず弱酸性のセットのリンスを使いましょう。
お酢をお湯で薄めることでもリンスを代用できますが、少々においが気になります。
石鹸系もよく油を落としてしまう性質があり、薄毛に対する効果は人によって意見がさまざまあります。
もうひとつ、アミノ酸系シャンプーと呼ばれるものがあります。
成分はラウロイルメチルアラニンNaココイルグルタミン酸Naなどです。
頭皮にも優しく、こちらは薄毛予防に最も適したものと言えるでしょう。
ただ、少々値が張るところと、洗浄力が弱いところが弱点なので、油の分泌が多い人は石鹸系を、そうでない人は薄毛予防に効くシャンプーとしてアミノ酸系を試してはいかがでしょうか。

予防に適したシャンプーで抜け毛改善に努めた結果